日経平均が反発、終値175円高の2万3861円

2020/2/12 9:08 (2020/2/12 15:35更新)
保存
共有
印刷
その他

12日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日ぶりに反発し、前営業日比175円23銭(0.74%)高の2万3861円21銭で終えた。値がさ株のソフトバンクグループ(SBG)が傘下の米携帯大手の合併期待から急騰し、指数を大きく押し上げた。前日の米株式市場の流れを引き継ぐ形で東エレクやアドテストといった半導体関連株が堅調に推移した点も上昇の支えとなった。半面、企業業績の低調さなどを受けて上値追いに慎重…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]