/

新型肺炎、クルーズ船で新たに39人感染 検疫官も

(更新)
停泊が続くクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に向かう防護服姿の関係者(11日、横浜・大黒ふ頭)=共同

厚生労働省は12日、横浜港で検疫中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新たに39人の新型コロナウイルスへの感染が確認されたと発表した。うち1人は10代という。同船の感染者は計174人となり、4人が重症であることも判明。また厚労省は検疫作業に当たった同省の検疫官1人が感染したと明らかにした。

厚労省によると、重症の4人は60~70代男性で日本人3人と外国人1人。呼吸管理や、集中治療室での治療が必要になっている。

検疫官の感染によって同船の乗員・乗客を除く、国内の感染確認は29人となった。感染が確認された検疫官は3~4日に船内での検疫に従事した際、乗客らに健康状態を尋ねる質問票の回収や体温測定を担当していた。5~7日は通常勤務し、9日に熱が出て、10日に受診したという。

検疫官はマスクや手袋を着用していたが、防護服は着用しないルールだった。家族や同僚らについても濃厚接触者として健康状態を調べる。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン