Amazon「トランプ氏は法廷証言を」 政府入札の裁判で

2020/2/12 7:49
保存
共有
印刷
その他

ベゾスCEOが率いるアマゾンは米政権との対決姿勢を強めている=ロイター

ベゾスCEOが率いるアマゾンは米政権との対決姿勢を強めている=ロイター

【シリコンバレー=白石武志】米アマゾン・ドット・コムのクラウドサービス子会社が米国防総省の入札案件をめぐって米国政府を相手取って起こした訴訟で、トランプ米大統領の法廷証言を求めていることが分かった。アマゾン側はトランプ氏の不当な介入によって入札手続きがゆがめられ、ライバルの米マイクロソフトが受注を獲得する結果になったと主張。米政権との対決姿勢を強めている。

傘下のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)が10日に米連邦請求裁判所に提出した文書で明らかになった。

AWSは10年間で総額100億ドル(約1兆1000億円)とされる国防総省のクラウド情報基盤「JEDI(ジェダイ)」の契約先が公正な技術評価の結果ではなく「偏見と悪意に基づいて決まった」と指摘した。トランプ氏に加え、エスパー国防長官やマティス前長官らの証言も求めており、政権幹部が入札プロセスに介入した記録を明らかにすることなどを同裁判所に求めている。

アマゾンではジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)がトランプ氏に批判的な米紙ワシントン・ポストのオーナーであることから両者の対立は広く知られているが、民間企業が現職大統領に法廷での証言を求めるのは異例だ。AWSの広報担当者は日本経済新聞に対し、「トランプ氏は大統領や最高司令官としての地位を利用し、調達を含む政府機能を妨害し、個人的な課題を追求する意欲を繰り返し示してきた」とコメントした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]