/

別れ悲しむ教え子たち 古田氏らが指導に感謝

野村さんは選手兼任も含めて4球団で計24年間監督を務め、多くの名選手を育てた。教え子からは突然の別れを悲しむ声が相次いだ。

ヤクルトで捕手として指導を受け、「ID野球」の要として活躍した古田敦也氏は「思い出は語り尽くせない。時に厳しく時に優しく、指導していただいたからこそ今の自分がある」と振り返った。知将のイメージが強い恩師の素顔を「どちらかというと感情的で、負けず嫌いの塊。頭を使うと弱いやつでも上に行けるという考えの持ち主」と語った。

同じくヤクルトで薫陶を受けた宮本慎也氏は「突然すぎて気持ちの整理がついていない。まだまだ野球界に必要な人だった」とショックを隠せない様子だった。

楽天で野村さんと巡り合って復活し、プロ21年目で本塁打王を獲得した山崎武司氏は「野球に対する姿勢を一から教えていただいた。晩年で成績を残すことができたのも監督の教えがあったから」と感謝の言葉を並べた。

楽天でプロ野球人生をスタートさせた米大リーグ、ヤンキースの田中将大投手はツイッターで「プロ1年目で野村監督と出会い、ご指導いただいたことは、僕の野球人生における最大の幸運の一つです」とつづった。田中と同期入団で今季ヤクルトへ移籍した嶋基宏捕手も「僕の野球人生で最も大きな方。苦しいことも言われたが、出会っていなければ今ユニホームを着られていたか分からない」と何度も声を詰まらせた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン