プロ野球

長嶋氏「野球への愛は永遠に」 ライバルが思い出語る

2020/2/11 22:36
保存
共有
印刷
その他

野村さんは打者として、捕手として、多くの一流選手と競い合った。しのぎを削ったライバルたちが思い出を語った。

野村さんが最も対抗意識を燃やした巨人の長嶋茂雄元監督は、突然の訃報に「驚いた。一瞬、言葉を失った」とコメントした。昨年10月に死去した400勝投手、金田正一さんのお別れの会で顔を合わせ「お互い頑張ろう」と話したばかりだったという。「ノムさんが残した偉大な功績と野球への底知れぬ愛は、これからも永遠に生き続けるはずだ」と好敵手をたたえた。

ソフトバンクの王貞治球団会長は「戦友が亡くなってしまうのは残念。互いに理解して認め合い、尊敬もしていた」と別れを惜しんだ。1973年に王会長が通算本塁打で抜き去ったが、晩年に差し掛かっていた野村さんも「600号は先に打ってやる」と闘志を燃やし、500本台後半で激しく競り合った。王会長は「すごい抵抗して、意地を見せていた」と振り返った。

近鉄で通算317勝を挙げた鈴木啓示氏は、野村さんの強打に鍛えられた。「打者が(本塁打で)一周している間は屈辱の時間。野村さんは特にゆっくりだった。何くそという思いで力がついた」と述懐した。

元阪急の福本豊氏は、プロ野球記録の通算1065盗塁を記録した快足で捕手・野村を苦しめた。対抗策として野村さんが取り入れたのが投手のクイックモーションだった。「それをまた僕が研究し、レベルを上げさせてもらった」と現役時代の切磋琢磨(せっさたくま)を語った。

南海時代のチームメートで、通算2157安打、596盗塁をマークした広瀬叔功氏は「気心知れた仲間だった。もう会えないと思うと、やはり寂しい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 阪神戦に先発した広島・森下=共同


 プロとして世を渡るには、お得意先をつくるのが手っ取り早い。ルーキーイヤーを快調に走り出した広島のドラフト1位・森下(明大出身)は、もう上客を見つけたようだ。この日許したのは2安打のみ、四球も与えずプ …続き (14日 23:10)

 日本ハムは14日、札幌ドームで9月1日から20日まで行われる12試合の入場者数の上限を5千人で継続すると発表した。
 新型コロナウイルス感染の収束の見通しが立っていないため上限を緩和するのを見送った。 …続き (14日 18:35)

5回西武1死一、三塁、高木が右前に適時打を放つ(メットライフドーム)=共同

【西武13―8楽天】西武が今季最多の13得点で連敗を7で止めた。6―7の五回に金子や高木の適時打など6連続を含む7長短打で一気に6点を奪った。四回から継投に入り2番手の今井が3勝目。楽天は則本昂が誤算 …続き (14日 22:24更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]