/

この記事は会員限定です

災害対策の司令塔、官邸に新会議 南海トラフ地震に備え

[有料会員限定]

政府は大規模災害に備える司令塔機能を首相官邸に集約する。内閣危機管理監の下に内閣府や消防庁、警察庁など関係省庁の幹部が集まる会議を2021年度にも新設する。人員も20年度に内閣府の防災担当を1割増やして100人を超える態勢に強化する。平時から危機管理体制を充実させ、将来的に発生する懸念がある南海トラフ地震などに備える。

官邸に設置する「防災危機管理チーム会議」(仮称)は内閣管理監がトップを務める。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り466文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン