クルーズ船、タイも入港拒否 国内反発で方針転換

2020/2/11 17:24
保存
共有
印刷
その他

クルーズ船「ウエステルダム号」=ULLSTEIN BILD提供・ゲッティ共同

クルーズ船「ウエステルダム号」=ULLSTEIN BILD提供・ゲッティ共同

【バンコク=村松洋兵】タイ政府は11日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大防止で日本に入国を断られたクルーズ船「ウエステルダム号」について、タイも入港を拒否すると発表した。当初は受け入れる予定だったが、国内で反発があり、方針転換した。同号はタイに向かっていたが、今後、どのような針路を取るかは不透明だ。

同号の運航会社は10日、「13日にタイに入国し、乗客は空路で帰国する」と明らかにしていた。タイ政府はこの情報がインターネット上に広がり、パニックになったことを入港拒否の理由の一つに挙げた。今後、他のクルーズ船の受け入れも拒むかは不明だ。

フィリピンやベトナムに入国を断られた別のクルーズ船「シーボーン・オベーション号」はタイに入港を認められ、7日に着岸した。他のクルーズ船にもタイへ向かう動きがみられていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]