WHO、新型ウイルスの研究会合 薬開発へ情報共有

中国・台湾
ヨーロッパ
2020/2/11 16:57 (2020/2/12 4:57更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】世界保健機関(WHO)は11日、新型コロナウイルスに関する研究会合を開いた。世界各国から約400人の専門家が参加し、ウイルスの発生源やゲノム(全遺伝情報)配列などについて意見を交わす。ワクチンや治療薬の開発に向けて、研究の優先課題を決めるのが狙いだ。

ウイルス学や疫学、臨床研究の専門家のほか、製薬会社、各国政府の関係者らがスイス・ジュネーブのWHO本部に集まった。会合は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]