藤井七段、3連覇逃す 将棋朝日杯準決勝で敗退

囲碁・将棋
2020/2/11 12:36
保存
共有
印刷
その他

将棋の高校生プロ、藤井聡太七段(17)は11日、東京都千代田区で指された第13回朝日杯オープン戦の本戦トーナメント準決勝で千田翔太七段(25)に敗れ、決勝進出を逃した。羽生善治九段(49)に次いで、同棋戦史上2人目の3連覇はならなかった。

藤井七段は2018年の朝日杯で羽生九段らを破り、最年少の15歳6カ月…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]