速報 > おくやみ > 記事

野村克也さん死去 プロ野球、戦後初の三冠王

2020/2/11 11:03 (2020/2/11 13:33更新)
保存
共有
印刷
その他

日本プロ野球界で戦後初の三冠王を獲得した

日本プロ野球界で戦後初の三冠王を獲得した

プロ野球で戦後初の三冠王を獲得するなど歴代2位の657本塁打を放ち、監督としてもヤクルトを3度の日本一に導いた野村克也(のむら・かつや)さんが11日午前3時30分、虚血性心不全のため死去した。84歳だった。

京都・峰山高から1954年にテスト生で南海(現ソフトバンク)に入団。頭脳的なリードと強打の名捕手として活躍し、本塁打王9回、打点王7回、最優秀選手(MVP)5回など数々のタイトルを獲得し、ベストナインに19回選ばれた。65年には戦後初の三冠王に輝き、70年からは監督兼任となって73年にリーグ優勝。ロッテ、西武に移籍し、80年に45歳で現役を引退した。

通算3017試合に出場、2901安打、657本塁打、1988打点はいずれも歴代2位。通算打率は2割7分7厘。89年に野球殿堂入りした。

90年にヤクルトの監督に就任。データを駆使した「ID野球」を掲げ、9年間でリーグ優勝4回、日本一を3回達成した。ピークを過ぎた選手を再び活躍させ、「野村再生工場」と評された。

99年から3年間は阪神監督。社会人野球シダックス監督を経て2006年に楽天監督に就き、09年には球団初のAクラス入りを果たした。監督通算成績は1565勝1563敗76分け。勝利数は歴代5位、敗戦は最多。

05年6月、日本経済新聞に「私の履歴書」を連載した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ