スバルがHV販売地域拡大 アジアや欧州、電動化急ぐ

自動車・機械
東南アジア
南西ア・オセアニア
アジアBiz
2020/2/10 22:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

SUBARU(スバル)がハイブリッド車(HV)の販売地域を世界の主要市場に拡大する。日米中で展開してきたが、欧州やアジア、オセアニアでも順次発売する。同社は現在2%にとどまる電動車の販売比率を2030年までに4割以上に引きあげる計画を掲げている。車種の拡大も進めて達成を目指す。

拡販するのは独自のハイブリッドシステム「eボクサー」を搭載した多目的スポーツ車(SUV)「フォレスター」や「XV」だ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]