/

この記事は会員限定です

官民連携の空き家対策、佐渡で本格始動

[有料会員限定]

新潟県佐渡市で官民が連携して空き家の活用を図るモデル事業が本格的にスタートした。このほど開かれた検討会では6件について協議。とりまとめた意見を今後、持ち主に提言する。今月中旬には東京都内で報告会を開き、活用のプレゼンテーションをする。新潟県内の空き家は増加傾向にあり、解決に向けた一手になるか注目される。

1月20日、佐渡市役所で空き家調査の最終検討会(第3回空き家調査員養成プロジェクト協議会)が開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1449文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン