第一三共、新型抗がん剤の勝算は?

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
ヘルスケア
2020/2/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第一三共が新型抗がん剤で攻勢をかける。バイオ医薬品と化学合成医薬品を組み合わせた「抗体薬物複合体(ADC)」だ。第1弾となる「エンハーツ(一般名トラスツズマブ・デルクステカン)」を米国で発売。がん領域で年間で5000億円以上の売上高を目指しており、続く2剤の開発にも取り組むが、ADCでトップの座を目指すにはいくつかの課題がある。

「グローバルナンバーワンカンパニーを目指す」。2019年12月の研…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]