サービス貿易、経常黒字下支え 新型肺炎で先行きに影

2020/2/10 21:00
保存
共有
印刷
その他

財務省が10日発表した2019年の国際収支統計(速報)によると、知的財産や輸送などを含むサービス収支が1758億円の黒字(18年は8062億円の赤字)となった。同じ集計方法で遡れる1996年以降、黒字化は初めて。海外との取引全体を表す経常収支は黒字が前年比4.4%増の20兆597億円だった。拡大した分はサービス貿易が下支えしている。

サービス収支の黒字化の主因となったのが「旅行収支」の黒字拡大だ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]