日銀京都支店長「下振れリスクに注意」 新型肺炎で

2020/2/10 18:47
保存
共有
印刷
その他

日銀京都支店の肥後雅博支店長は10日の記者会見で、中国での新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が管内経済に与える影響について「現時点では先行きの不確実性が極めて大きく、下振れリスクについて特に注意を払っていく必要がある」と指摘した。

同日、京都府と滋賀県の2月の金融経済概況を発表した。全体の景気判断については「足もと、弱めの動きがみられているものの、全体として緩やかに拡大している」として据え置いたが、個人消費、観光、住宅投資については判断を引き下げた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]