成田、「未来空港」で人手不足や突発的危機に備え

2020/2/10 18:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

成田空港が先端技術を活用して「無人化」を推進している。オペレーターの分身「アバター」をディスプレーに表示し、客と対面しているように案内する「アバター案内」や警備ロボなどのほか、今夏には人工知能(AI)搭載の自動案内ロボも投入する。さらなる旅客数増加が見込まれる中、人手不足へ備えるほか、新型肺炎など突発的な危機発生時の対応力向上にも期待がかかる。

「お手洗いは後ろにまっすぐ進んで、さらに左に行くと…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]