訪日客の9%、魚料理「避ける」 新型肺炎で民間調査

小売り・外食
東京
関東
2020/2/10 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型肺炎の感染拡大を受けて、東京都内でインバウンド(訪日外国人)に滞在中の食事について尋ねたところ、すしや魚料理を「避けるようになった」と9%が答えた。マーケティング支援会社のライフペッパー(東京・中央)の調査で、「感染源とされた中国武漢市の海鮮市場のイメージが原因の可能性がある」(同社)としている。風評被害が懸念される。

調査では、避けるようになった食事を複数回答で選んでもらった。最も多かった…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]