[社説」デジタル時代に賃金が上がる基盤固めを

賃上げ交渉
社説
2020/2/10 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経営環境が不透明さを増すなかだからこそ、できるだけ外部要因に左右されず、継続的に賃金を上げていける土台を固めたい。

2020年の春季労使交渉は主要企業の労働組合が要求を提出し始め、協議が本格的にスタートした。労使の議論のテーマは目先の賃上げだけではない。従業員のやりがいや能力の向上策など、変化の激しいデジタル時代に企業が持続的に成長する基盤づくりについても活発に話し合うべきだ。

米中貿易摩擦に加…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]