2/20 7:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: マネー、安全資産ドルに集中 肺炎で2年9カ月ぶり高値
  2. 2位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  3. 3位: 「超弱気派」が買う日本株 バフェット指標で警戒[有料会員限定]
  4. 4位: 東証、3市場移行は22年4月 「新1部」基準適用に猶予[有料会員限定]
  5. 5位: 円、9カ月ぶり111円台に下落 NY市場
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,368,849億円
  • 東証2部 73,901億円
  • ジャスダック 95,867億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.14倍15.86倍
株式益回り6.60%6.30%
配当利回り1.98% 1.98%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,400.70 +206.90
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,370 +170

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

GPIFの運用上向き 過去の低迷は「厳罰もの」
編集委員 前田昌孝

2020/2/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2月7日、2019年10~12月期の運用実績を発表した。世界的な株高を支えに7兆3613億円の黒字になり、期間収益率も4.61%とベンチマークを上回ったもようだ。振り返れば、18年度までの運用は低調だったというほかない。3年連続でリターンがベンチマークを下回り、同様に分散投資をしている企業年金連合会との比較では、大幅に負け越しだった。ようやく一矢を報い…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム