国際化するアカデミー賞と韓国映画の台頭
国境越える監督たち 映画振興策も背景に

文化往来
2020/2/10 18:22
保存
共有
印刷
その他

アカデミー賞を選考する米国の映画芸術科学アカデミーの会員は急速に多様化、国際化している。2016年に受賞者の「白人偏重」が批判されたのを契機に、世界の映画人を対象に毎年600~900人台という大量の招待状を送付し、新規会員を増やしてきた。12年に6千人弱だった会員は19年に9千人弱に膨らみ、非白人や女性が大きく増えたといわれる。

受賞作も多様化した。昨年はスペイン語映画「ROMA」が監督賞など3…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]