/

名古屋銀、事業承継の投資会社 5月に専門ファンド設立

名古屋銀行は10日、取引先などの事業承継を専門に扱う投資会社を4月に立ち上げると発表した。2019年10月に銀行の事業会社への出資規制が緩和されたことを踏まえ、5%超の出資も検討する。取引先との資本関係を深めることで円滑な事業承継を支援する。

新たに投資専門子会社「名古屋キャピタルパートナーズ」(名古屋市)を立ち上げる。資本金は5000万円で、名古屋銀が全額出資する。5月には事業承継に特化したファンドも立ち上げる。新会社の人員やファンドの規模などは今後詳細を詰める。

昨年10月の規制緩和で銀行は事業承継が目的であれば、事業会社に5%超の出資や5年以内の株式の保有ができるようになった。名古屋銀の新会社は最大100%の出資も検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン