SCSK、石川県に事業拠点 4月から業務開始

2020/2/10 18:08
保存
共有
印刷
その他

IT(情報技術)サービス大手のSCSKと子会社のSCSKニアショアシステムズ(東京・江東)は、4月に大規模システムの開発や保守を担う拠点を金沢市に設立すると発表した。情報処理の人材を地元で採用することで、システム保守業務の体制を拡充する。5人体制で業務を始め、開業後3年で100人体制を目指す。

拠点名は「石川開発センター」。新卒や中途採用で人材を確保するほか、パートナー企業からも社員派遣を募る。北陸には既に福井開発センターがあり、人材の交流や業務の連携で相乗効果を狙う。

SCSKニアショアシステムズは現在、国内7拠点でサービスを展開している。石川と同時に秋田県にも拠点を置き、全国約650人体制から早期に1000人体制に拡大する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]