/

情報都市大阪モデル、万博で問う 豊田啓介さん

未来像 建築家、車・建物・街×データ

とよだ・けいすけ 1972年千葉県出身。東京大学工学部建築学科卒業。安藤忠雄建築研究所などを経て、2007年から東京と台北をベースに建築デザイン事務所noizを共同主宰。25年万博招致の会場計画アドバイザーなどとしてで万博に関わる。

■モノと情報(デジタル)がシームレスにつながるのが未来の建築や都市であると語る建築家の豊田啓介さん(47)。2025年の国際博覧会(大阪・関西万博)がその実証実験や実装の絶好の機会になると考える。万博招致で会場計画策定に携わり、日本国際博覧会協会が企業の参画を促すために設けたPLL促進会議の有識者でもある豊田氏に、万博を通じて大阪・関西が目指すべきことを聞いた。

大阪が持つ独特のインターナショナルな感じは面白い。物おじせず率直に話し合い、個人の判断で物事が動くニューヨークに似ている。一方で大阪の自治体や企業は東京に対した時、自信を失っている。東京とのライバル関係でなく、世界に直接開ける気質を生かせば、可能性がとてもある街だと思う。大阪は東京やニューヨークと比べると都市の多様性は弱いが、関西圏として神戸、京都、奈良が一続きであるのは世界でも相当特殊で、圧倒的な強さだ。

会社のパートナー、スタッフと一緒に(左から5人目が豊田氏)

■万博招致の会場設計では、非中心で分散型のコンセプトを打ち出した。

1970年の大阪万博はあらゆる領域の最高の体験があって大成功だった。25年万博が世界にそれだけのインパクトを与えられるか、同じ土俵で評価したら勝負にならないだろう。今や万博よりディズニーランドの方がエンターテインメントに特化しているし、ビデオゲームは面白いし、交流ではSNSが断然早い。でも年齢の高い人ほど「70年万博再び」と期待し「太陽の塔はどこか」という議論になる。そこが勝負どころではないと伝えるために「非中心」にして物理的シンボルは造らない考えを示した。

70年万博はその後50年の基礎を物理的に見える世界としてつくってくれた。25年万博は今後50年がモノに見える世界を超えてより高次の情報領域に価値があるという転換を示すべきだ。モノの世界だけにこだわっていたら、ここから先、勝負できない。

■モノと情報をシームレスに結ぶ環境として「コモングラウンド」を提唱している。

万博では大企業やスタートアップ、研究者などが全部集まってこそ、ある汎用領域のコモングラウンドが醸成される。しかし日本企業は複数で新領域を開拓するのが苦手で、まだ手探りの状態だ。その知見や知的財産、できた後の新しいプラットフォームの縄張りや利益配分などをどうするか自体が開発の対象となるので、それを踏まえて乗ってもらうしかない。

自律走行やAR(拡張現実)、VR(仮想現実)は25年にはもう一段進んだものが実装できていないとおかしいはずで、万博は複数のサービスレイヤーにまたがるコモングラウンドが実装された世界を見せる絶好機だ。そのプラットフォームがナビゲーションや決済などさらに多様なサービスの共有基盤になり得ることを実体験させるのもこの万博が最初になるだろう。

万博会場単独でなく空港や新幹線の駅、私鉄各線、御堂筋やうめきたの民間開発地など街全体が同じプラットフォームに乗るように都市スケールで実装することが重要。出てきた問題を解決し、相互連携の実装事例として出せたら、世界が欲しがる都市OS(基本ソフト)になるはずだ。

今、スマートシティというとデンマークやシンガポールに視察に行くが、交通系チケットが共通化されている程度。万博を契機に「大阪モデル」をある程度の複合度で確立できれば、世界中から大阪に知見を聞きに来るしシステムや技術を販売できる。世界に売れる物理インターフェースとデータ連携の都市型複合モデルを関西全体で構築して見せることを万博のレガシー(遺産)にできればと思う。

(聞き手は編集委員 宮内禎一)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン