米社とドコモ、複合現実メガネで工場・教育を支援

2020/2/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

複合現実(MR)技術を活用したメガネ型端末で注目を集める米国のスタートアップ、マジックリープは企業向けのシステム提案に本腰を入れる。2019年末にメガネ型端末とセットの企業向けサービスを発表。自動車工場といった製造業や大学や高校といった教育機関でメガネ型端末を活用した実証を進める。資本提携するNTTドコモと共に日本市場を開拓する。

マジックリープは11年に最高経営責任者(CEO)のロニー・アボビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]