新型肺炎、隔離施設は「刑務所以下」 アジアに飛び火
新型肺炎 揺れるアジア(1)

新型肺炎
ルポ迫真
東南アジア
アジアBiz
2020/2/11 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「政府から見せられた写真と違う」。新型コロナウイルスによる肺炎の検疫のため、オーストラリア領クリスマス島に隔離されたヘレンと名乗る女性は豪メディアに不満をぶちまけた。豪政府が帰国者に渡した収容施設の説明書類にはジムや図書館が写っていたが、実際には使えなかったという。「衛生状態を考えると刑務所以下」(別の女性)との声も漏れる。

豪政府は1月29日、新型肺炎の発生地、中国の湖北省武漢市から退避させる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]