/

この記事は会員限定です

国産腕時計「ちょい高」 機械式、職人技で売る

[有料会員限定]

スマートウオッチ(腕時計型端末)の台頭などで腕時計が多様になる一方、逆張りのように伝統的な国産の機械式腕時計にも熱い視線が注がれている。日本の職人による精巧なものづくりというストーリーを持つ時計が男性らの心をつかみ、指名買いする客も増えてきた。30万~50万円と「ちょい高」価格だが、むしろ売れている。

水墨画のような微妙な黒の濃淡――。協和精工(秋田県羽後町)の腕時計ブランド「MINASE(ミナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1457文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン