タカラバイオ、米に試薬の研究開発拠点 80億円投資

ヘルスケア
関西
京都
2020/2/11 13:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

タカラバイオは米カリフォルニア州で遺伝子関連の試薬の研究開発拠点を新設する。スタンフォード大学などが立地する「ベイエリア」と呼ばれる地域で土地・建物を取得し、2021年8月にも稼働する予定だ。投資額は約80億円を見込む。米国ではバイオ関連の研究開発が加速しており、遺伝子関連の試薬に対する需要が増えていることに対応する。

新拠点の延べ床面積は1万2千平方メートル。当面は同州…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]