ZMP、1人乗りで探る自動運転の「新たな道」

2020/2/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動運転技術の開発を手がけるZMP(東京・文京、谷口恒社長)が、人を乗せた自動運転分野で二正面作戦を展開している。タクシーは実証実験を進めつつ、法整備の遅れなどから実用化はなお時間がかかるとみる。一方、日常生活の近距離移動の担い手として、電動の一人乗り自動運転車両を法人向けレンタルで近く投入する。

「今年はインバウンド対応を想定して空港リムジンバスと連携し、ロボカーウォークで『ラストワンマイル』…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]