乳がん患者視点の肌着 下着屋Clove
going

2020/2/10 16:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

乳がん経験者向けの婦人下着を開発・販売する「下着屋Clove(クローブ)」。登記上の本社は東京・銀座だが、実質的な拠点は創業者のボーマン三枝さんが住む岡山県早島町に置く。自身の罹患(りかん)経験や患者の声を反映した製品開発、コミュニティーの運営を通じて、がん患者・経験者を支えている。

同社のタンクトップタイプの下着「Kimihug(キミハグ)」は、綿100%の強撚糸(ねんし)を使用。化学繊維に比…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]