日経ソーシャルビジネスコンテスト、受賞4団体を選出

2020/2/10 16:11
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社は「第3回日経ソーシャルビジネスコンテスト」の受賞者を決定した。同賞は様々な社会的課題を解決する優れたビジネスアイデアを表彰するもので、昨年度比51件増の359件の応募の中から大賞1点、優秀賞2点、学生部門賞1点の4賞を選出した。3月14日に東京都千代田区のBASE Qで表彰式を行う。受賞団体と事業概要は以下の通り。

【大賞】リンクルージョン株式会社(代表・黒柳英哲氏)。ミャンマーで商品調達に課題を抱える零細商店向けに食料品や日用品を毎週配達する流通事業を展開。

【優秀賞】株式会社シュークルキューブジャポン(代表・佐藤弘一氏)。セネガル保健省と共にセネガルの未電化地域に、安価なWi-Fi付き発電機を提供。

【優秀賞】Vivola(代表・角田夕香里氏)。不妊治療者の定量的な情報を収集。同質のユーザー同士をつなげ、各患者に最適な情報を届けるコミュニティーを形成する。

【学生部門賞】暮らしを取り戻し隊(代表・福島大悟氏)。感謝を表す独自の「まめな手形」を発行・流通させ、高齢化とともに薄くなった地域内の人のつながりを再構築する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]