小正月の関連行事に見る日本のこころ

風紋
毛糠 秀樹
コラム(社会・くらし)
編集委員
2020/2/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

円すい状に積まれた正月飾りの塔のてっぺんにはササの枝が見える。高さ4メートルはあろうか。書き初めの失敗作もはられていた。

先月15日、京都市東山区の新熊野(いまくまの)神社であった「左義長(さぎちょう)」の神事。尾竹慶久・宮司の祝詞に続き、修験道の行者らがホラ貝を吹き鳴らし、般若心経の読経を繰り返す。大阪府泉佐野市の犬鳴山の寺院で修行したという。宮司によると神事は和歌山県の熊野本宮などで行われる…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]