/

この記事は会員限定です

オンラインゲームで薬物勧誘 子どもへの被害相次ぐ

[有料会員限定]

他のプレーヤーと協力して遊ぶオンラインゲームが入り口となり、子どもが犯罪に巻き込まれる事件が相次いでいる。ゲームでのやり取りを通じて警戒感が薄らいだところを狙われるケースが多いとみられる。音声チャット、プレーヤーの位置情報表示などの機能が付いたアプリも多く、専門家は子どもが使う場合の危険性を指摘する。

「荒野行動というゲームで知り合った人に大麻を買わないかと誘われた」。昨年12月、福岡県糟屋郡の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン