/

この記事は会員限定です

金融庁、地銀トップと直接議論 統治指針基に改革迫る

収益先細りに危機感

[有料会員限定]

金融庁が今春にも地銀各行の頭取とトップ会談に乗り出す。地方銀行版のコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)と位置づける文書を基に改革を迫る。低金利や人口減少で収益力が細る地銀と議論を進めながら、持続可能な事業モデルを共に探るが、経営環境が厳しさを増すなかで解決策を見いだすのは容易ではない。

「抜本的な経営改革は自らの任期中に決断し、実現するという強い認識を持ってほしい」。2019年1月、地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り865文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン