小沢氏「衆院選4月以降否定できない」 野党合流訴え

2020/2/10 13:30
保存
共有
印刷
その他

国民民主党の小沢一郎衆院議員は10日、都内で開いた自身の政治塾で講演し、2020年度予算案の3月中の成立が見込まれるとして「衆院解散・総選挙は4月以降否定できない」と述べた。「野党の結集をなんとしても図りたい」と語り、早期合流に意欲をみせた。

自身の政治塾で講演する小沢一郎氏

当面見送りとなった立憲民主党との合流について「このままの状況では、野党はどの党問わず自民党に勝てないどころか惨敗の結果に終わる」と指摘した。「特に国民民主党の皆さんはそれぞれの心の中では自覚しているだろう」と強調した。

9日には共産党の志位和夫委員長が小沢氏の政治塾で講演し、他の野党に対し、自ら提唱する野党連合政権樹立に向けた協力を求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]