AIのゴッドファーザーとGoogleの縁 出遅れ日本に教訓

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2020/2/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)があらゆる産業で変革を起こすなか、世界の主要企業の人脈をたどると「AIのゴッドファーザー」と呼ばれる研究者に行き着く。カナダのトロント大学名誉教授、ジェフリー・ヒントン氏だ。「冬の時代」も研究を続け、成果を出した後は米グーグルにも身を置いた。研究と実用化の両面で革新を主導した人物から、AIで出遅れた日本の教訓を読み解く。

「64歳の私は最も高齢のインターンだったと思うよ」。ヒント…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]