無圧雪コースで男性死亡 長野、スノーボード中埋没

2020/2/10 10:17
保存
共有
印刷
その他

9日午前9時50分ごろ、長野県信濃町のスキー場「タングラムスキーサーカス」で、スノーボードをしていた東京都日野市栄町の会社員、大塚明伸さん(39)が、無圧雪のコース上で頭から雪に埋もれて意識不明の状態で見つかった。大塚さんはその後死亡。長野中央署は転倒後に埋もれたとみて、死因を調べている。

署によると、友人の約50メートル先を滑っていた大塚さんが転倒。友人は雪に足を取られなかなか近づけず、約10分後、うつぶせで埋もれている大塚さんを発見。雪をかき出して引っ張り上げたが意識がなく、119番した。

滑っていたのは「ツリーランコース」という、圧雪していない自然の木々の間を滑走する上級者に人気のコースで、ホームページには「新雪への埋没、立木への衝突リスクが高い」と説明がされている。当時はふぶいていて、視界が悪かった。

〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]