訪日客、ガイドは学生 地元学び魅力を発信

大学
サービス・食品
地域総合
東京
九州・沖縄
関東
中国
山梨
広島
福岡
鹿児島
2020/2/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学生がインバウンド(訪日外国人)のガイド役などで活躍している。観光地の案内だけでなく、「コンシェルジュ」として地元飲食店を紹介するといったきめ細かな活動もある。学生にとっては語学のトレーニングや就職活動での「自己PRネタ」になるほか、インバウンドの案内を通して地域の魅力を再発見する機会にもなっている。

「厳島神社だけでなく、島そのものが信仰の対象でした」――。日本三景の一つ、広島県廿日市市の宮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]