育休給付金引き上げ検討 政府、賃金の最大8割案

2020/2/9 14:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は育児休業給付金の支給水準を引き上げる検討に入った。賃金の最大67%の給付率を80%まで引き上げる案が現段階で浮上している。受給中は社会保険料などが免除されるため、育休取得前の手取り月収とほぼ同額を実質受け取れる。男性の育休取得や少子化対策を後押しする狙いだ。ただ、財源負担を巡り慎重な声もあり、議論は難航する可能性もある。

3月末までに策定を目指す「少子化社会対策大綱」に、給付率引き上げを盛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]