留学生の在留審査を厳格化 入管庁、対象国10倍超に

2020/2/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

出入国在留管理庁(入管庁)は4月以降に日本への留学を希望する外国人の在留審査を厳格化する。出稼ぎ目的の入国を防ぐため、最終学歴の卒業証書や預金残高などの証明書を求める国・地域を10倍超に増やす。健全な外国人雇用の拡大のため、不法残留が増加している留学生をより厳格に審査し、特定技能制度の活用を促す狙いもある。

約30年ぶりの大幅な審査方法の変更となる。

現在、日本への留学で在留審査を厳格化している…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]