「資本主義 次の進化促す」米ブラックロックCEO

未踏に挑む
2020/2/8 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

資本主義が変化を迫られている。株主への利益を最優先する従来のやり方が格差を招いたと批判を浴び、世界の企業は社会や環境により配慮した経営が求められるようになった。世界最大の運用会社ブラックロックを率いるラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は米産業・金融界を代表する経営者として知られる。フィンク氏に資本主義の未来や今後の事業戦略について聞いた。

 ラリー・フィンク氏 米金融機関でトレーダーなどを経…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]