/

この記事は会員限定です

EVでビルの電気代抑制 日産とNTT、太陽光とセットで

[有料会員限定]

日産自動車NTTグループは電気自動車(EV)と太陽光発電を組み合わせた企業向けサービスを2020年度にも始める。太陽光でつくった電気とEVでためた電気をそれぞれ、電気の消費量が多いときに放電して電気料金を抑える。ビルの経費削減のほか、災害時の非常用電源と位置づけ、EVの普及に弾みをつける。

事業化にあたっては電力事業を手掛けるNTTスマイルエナジー(大阪市)が主体となり、全国を対象に日産と共同展開する。まず日産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り573文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン