/

武漢で邦人死亡 首相「家族をしっかり支援する」

中国・武漢で新型肺炎の疑いで日本人男性が死亡したことを受け、取材に応じる安倍首相=8日午後、首相官邸

安倍晋三首相は8日午後、中国の湖北省武漢市で重度の肺炎を発症していた60代の日本人男性の死亡について、首相官邸で記者団に「ご家族にお悔やみ申し上げると共にご冥福をお祈りしたい」と述べた。「大使館を通じ家族をしっかりと支援していく」とも語った。

男性は1月16日から発熱などの症状が見られ、同22日に武漢市内の病院に入院していた。中国側医療機関は「新型コロナウイルスの陽性の疑いが高いものの、確定的な判断をすることは困難だ」と説明し、今回の死因は「ウイルス性肺炎」と判断しているという。

首相は新型コロナウイルスによる肺炎に関し「何よりも国民の命と健康を守ることを最優先に拡大防止に全力を尽くし、やるべき施策はちゅうちょなく実施する」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン