/

この記事は会員限定です

新型肺炎、世界の企業の信用力に影

航空やカジノ社債に売り圧力 低格付け債ファンドからは資金流出

[有料会員限定]

新型肺炎の感染拡大が、世界の企業の信用力に影を落としている。アジアの航空会社やカジノ運営会社などが資金調達のため発行した社債に売り圧力がかかる。格付けの低い債券で運用するファンドからは資金が流出傾向だ。世界的な人の移動やレジャー需要の停滞で、企業の現金創出力が揺らぎかねないとの警戒感がくすぶる。

中国の航空大手、海南航空の人民元建て社債が売り圧力にさらされている。調査会社リフィニティブによると、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン