新型肺炎になぜ抗HIV薬? 「似た仕組み」応用

新型肺炎
ヘルスケア
科学&新技術
2020/2/10 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎の治療で注目を集めているのがエイズウイルス(HIV)の治療薬だ。タイではインフルエンザ薬とともに重症患者に投与し、症状回復を確認したと発表。日本でも国立国際医療研究センターが、患者の同意を得て抗HIV薬を適応外で使用したと明らかにした。症状改善が抗HIV薬の効果かどうかはまだ検証が必要だが、異なる病気向けの薬が効く可能性があると判断した理由はどこにあるのか。

■タイと日

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]