/

この記事は会員限定です

新型肺炎になぜ抗HIV薬? 「似た仕組み」応用

[有料会員限定]

新型コロナウイルスによる肺炎の治療で注目を集めているのがエイズウイルス(HIV)の治療薬だ。タイではインフルエンザ薬とともに重症患者に投与し、症状回復を確認したと発表。日本でも国立国際医療研究センターが、患者の同意を得て抗HIV薬を適応外で使用したと明らかにした。症状改善が抗HIV薬の効果かどうかはまだ検証が必要だが、異なる病気向けの薬が効く可能性があると判断した理由はどこにあるのか。

タイと日本で症状改善の報告

タイ保健省は2日、抗HIV薬「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1292文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン