GO TOKYO

フォローする

バド桃田、右眼眼窩底骨折で全治3カ月

2020/2/8 15:15
保存
共有
印刷
その他

遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷し、実戦復帰を目指しているバドミントン男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が右眼の眼窩(がんか)底を骨折し、手術を受けていたことが8日、分かった。所属先のNTT東日本が発表した。同社によると、全治は約3カ月の見込み。

桃田賢斗選手=共同

桃田賢斗選手=共同

同社や日本バドミントン協会によると、桃田は3日から代表合宿に復帰。4日に本格的な練習を開始したところ、「シャトルが二重に見える」と違和感を訴えた。合宿を離脱し、7日に精密検査を受けたところ「右眼眼窩底骨折」との診断だったことから、8日に緊急手術を行ったという。

日本代表の朴柱奉監督は「今回の事は驚いている。焦らず治療に専念してほしい」とコメント。今後は経過をみながら練習の再開時期を探る。当初、復帰戦とみられていた3月の全英オープン(11~15日、バーミンガム)は欠場する。東京五輪への影響も懸念される。

桃田は新年最初の大会だった1月12日にマレーシア・マスターズで優勝。同月13日早朝に帰国のためワゴン車に乗って空港に向かっていたところ、事故に巻き込まれた。帰国後はしばらく静養し、3日から代表合宿に参加していた。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
AI機能を使ったシステムで自身の動きをチェックする東京五輪代表の野口啓代(左)と楢崎智亜

 東京五輪で新種目となるスポーツクライミングで日本代表に決まっている男子の楢崎智亜、女子の野口啓代(ともにTEAM au)をテクノロジーで支援する取り組みが始まった。KDDIグループが登り方を人工知能 …続き (9/25)

 8月のセイコー・ゴールデングランプリ女子1500メートルで4分5秒27の日本新記録をマークした田中希実(23番)=共同共同

 新型コロナウイルスの影響を受けた五輪競技は、ようやく大会開催の動きが広がってきた。再起の一歩を踏み出したばかりの各界を、新鋭の台頭が活気づけている。五輪の2大花形競技、陸上と競泳では、好記録を連発す …続き (9/24)

東京五輪・パラリンピックを延期に追い込んだ新型コロナウイルスの感染拡大は外出制限や選考会の延期などを通じ、アスリートたちの日常も大きく揺さぶった。2021年の夏に備える、米英2選手に取り組みを聞いた。

…続き (9/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]