西日本鉄道筑紫車両基地 熟練の技で安全運行支える
九州・沖縄 拠点を探る

2020/2/13 5:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

西日本鉄道筑紫駅から大牟田方面へ歩いて行くと、同社の筑紫車両基地(福岡県筑紫野市)が見えてくる。9万3千平方メートルの広大な敷地内には車両の補修をする整備工場と、検査をする検車施設の2つの大きな建物がある。300両ある同社の鉄道車両の「ホームドクター」として、安全な運行を支えている。

「ガー」。塗装を削るグラインダーの音が響き渡る整備工場に入ると、何両もの車両が止まっている姿が飛び込んできた。そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]