/

武漢で入院の日本人男性死亡 新型肺炎の疑い

(更新)

政府は8日、中国の湖北省武漢市で重度の肺炎を発症していた邦人の60代男性が死亡したと発表した。「新型コロナウイルスの陽性の疑いが高い」と説明していた。男性は1月16日から発熱などの症状が見られ同22日に市内の病院に入院した。

男性が入院していた医療機関から中国の日本大使館に連絡があった。医療機関は「新型コロナウイルスの陽性の疑いが高いものの、確定的な判断をすることは困難である。今回の死因は『ウイルス性肺炎』と判断している」と説明したという。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン