/

習氏、対米輸入拡大「計画通り」 トランプ氏に伝達

【ワシントン=鳳山太成】米国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は7日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が6日の電話協議で、「第1段階の合意」に盛り込んだ対米輸入拡大を計画通り実行するとトランプ大統領に伝えたと明らかにした。新型肺炎の影響が広がるが、現時点では2年で2千億ドル(約22兆円)増やす約束を変えていないという。

米メディアのインタビューで語った。クドロー氏によると、「習氏は『米国産品の購入が(初期段階では)少し遅れるかもしれないが(約束通り)今年と来年で完了する』と述べた」という。

米中合意には、予期できない事態が起きて約束を履行できない場合は政府間で交渉するとの規定があるが「中国から正式な申し出はまだない」(クドロー氏)。ただ、水面下では議論しているといい、新型肺炎の影響がさらに広がれば、中国が履行期限の延期を米国に求める可能性がある。

トランプ氏は7日、習氏との電話協議に関し「ほとんどコロナウイルスについて話し合った。中国は素晴らしい仕事をしている」と習指導部の対応を評価した。ホワイトハウスで記者団に語った。米中第1段階合意には触れなかった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン