シリア反体制派要衝に突入、イドリブ県で政権軍

中東・アフリカ
2020/2/8 3:12
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=共同】シリアのアサド政権軍は6日、反体制派の要衝、北西部イドリブ県サラケブに突入し、制圧に向けた攻勢を強めた。国営シリア・アラブ通信が伝えた。サラケブは首都ダマスカスと北部の大都市アレッポを結ぶ主要道路「M5」が通過する交通の要衝。政権が制圧すれば、軍民物資の輸送が容易になるほか、反体制派最後の拠点であるイドリブ県での攻勢が…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]