ベトナム首都トップ、事実上更迭 不正行為で

2020/2/8 2:11
保存
共有
印刷
その他

【ハノイ=大西智也】ベトナムの最高意思決定機関である共産党政治局は7日、首都ハノイ市トップのホアン・チュン・ハイ市党委員会書記の交代を決めた。副首相在任中の不正行為を問われ、事実上更迭された。後任にはブオン・ディン・フエ副首相を充てる。不正行為で首都のトップが交代するのは異例の措置だ。

ホアン・チュン・ハイ氏

複数の現地メディアが報じた。ハイ氏は共産党の最高幹部である政治局員の一人。副首相時代に鉄鋼公社の工場拡張の投資に絡み、国家に大きな損害をもたらしたとされる。1月に警告の懲戒処分を受けており、交代観測が出ていた。

ベトナムでは最高指導者で国家主席も兼務するグエン・フー・チョン書記長が汚職撲滅を掲げ、不正行為の摘発を進めている。ベトナムは5年に1度共産党大会があり、指導部が交代する。次の党大会は2021年に予定されており、人事を巡る駆け引きも出ている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]